学科 学校案内 入学案内 アクセス
柔道整復学科 鍼灸学科 Wライセンス制度

TOP > 学科 > 柔道整復学科  > 授業内容

柔道整復学科 学科TOPへ

 授業内容 

Content of the lesson


― カリキュラム ―

curriculum

― 1年次カリキュラム ―

基礎分野・技術を徹底的に学びます。

1年次に徹底した基礎包帯の技術の修得、基礎学力の学習を学びます。

【主な履修科目】

  • 解剖学
  • 包帯固定学
  • 生理学
  • 柔道整復総論
  • 公衆衛生学など

― 2年次カリキュラム ―

応用知識と技術の習得

2年次では基礎知識・技術をベースに様々な疾患に対する知識や実技を身に付けていただきます。

【主な履修科目】

  • 病理学
  • 外科学
  • 一般臨床医学
  • 柔道整復学各論
  • 運動学など

― 3年次カリキュラム ―

国家試験対策と進路選択

3年次には国家試験対策と並行して、臨床に即した様々な技術を学びます。また進路選択の大切な時期であり、進路の相談も行います。

【主な履修科目】

  • 臨床実習
  • 整復固定実技
  • 応用固定(テーピング)
  • 整形外科学
  • 関係法規など

履修科目一覧

  1年次 2年次 3年次
基礎科目 心理学/臨床心理学
生物学/栄養学
英語I /英語II
保健体育
   
専門基礎科目 解剖学I /解剖学II
解剖学III /生理学I
衛生学・公衆衛生学
医療概論
生理学II
病理学概論I
臨床医学各論I
臨床医学各論II
生理学III /運動学
病理学概論II
臨床医学各論III
リハビリテーション概論
関係法規
専門科目 東洋医学概論I
経絡経穴概論
基礎はり・きゅう実技
臨床実習
・はり理論・きゅう理論I
診察概論
東洋医学概論II
東洋医学臨床論I
社会あはき学
経絡経穴取穴実技
鍼灸診断治療学I
鍼灸診断治療学II
臨床実習
はり理論・きゅう理論II
東洋医学臨床論II
経絡経穴演習
社会あはき学
応用鍼灸実技I
応用鍼灸実技II
臨床取穴実技
臨床実技
臨床実習
体表解剖学/応用生理学
環境学/病理学演習
応用診察論/応用診断学
応用鍼灸学/中医各論/画像診断学
認定外科目 総合演習I 総合演習II 総合演習III

― 臨床実習 ―

Clinical training


「関目病院」との医療連携・技術交流を実現。
整形外科の現場を体験学習できる!!

整形外科の現場に身を置き、診察から治療、リハビリまでさまざまな医療行為を体験学習できる。

近畿医療専門学校では、柔道整復学科の「臨床実習」をおこなっています。


臨床実習科目

臨床の現場で活躍する講師陣による臨床教育!

本校柔道整復学科においては、1年次に徹底した基礎包帯の技術の修得、基礎学力の学習を学びます。2年次には基礎知識・技術をベースに様々な疾患に対する知識や実技を身に付ける年度とし、3年次には国家試験対策と並行して、臨床に即した様々な技術を学びます。その他、本学科では授業外においても、柔道部やトレーナー部、野球部などさまざまなクラブ活動を通して、人間性や協調性を学ぶこともできます。また、様々なトレーナー活動も行っており、学生も積極的に参加し、本校教員が行う技術を見学して生の現場を体験できます。本校は柔道整復師の即戦力を育成することを目標にカリキュラムを組んでいます。 たとえば、捻挫をした患者さんに対するテーピングの方法を学ぶ。資格取得には必要なカリキュラムのひとつです。実際にテーピングを施す実習とセットで学びます。理論と実習を重ねるように学ぶことで、知識が実力につながっていきます。さらに学外研修や整骨院研修などとバランスよく組み合わせることで、資格取得のための勉強がいつしかキャリアとしての経験につながっていくのです。柔道整復師の資格取得は、はじめの一歩。近畿医療専門学校は、卒業後の違いを意識したプログラムづくりにも取り組んでいます。

「関目病院」との医療連携・技術交流を実現

西洋医療と先進のスポーツ医療・再生医療で高度な医療を目指す「関目病院」で、3年次には、この病院内で実習が行われます。実際の現場で技術はもちろん、人間性やコミュニケーション能力などを身につけていきます。

line
line
instagram
twitter
youtube
tiktok

資料請求
株式会社KMC 小林整骨院グループ
スポーツ活法
近畿医療付属接骨院
小林英健.com