• mail

広がる『鍼灸(しんきゅう)』の可能性

日本における鍼灸の歴史

日本における鍼灸の歴史は古く、飛鳥時代に中国から伝わってきたという記載が古い医書の中にされてあります。そのようなことから約1,400年前にはすでに日本に伝えられたと考えられています。日本に入ってきた鍼灸は独自の発展をし、使用する道具や方法も独特なものに変化してきました。

古くからその鍼や灸を用いて、病気の症状を緩和させたり、痛みを取り除いたり、気血のバランスを整え、身体の調整を行ってきました。最近では様々な分野と組み合わせた形での鍼灸治療に大きな関心が寄せられています。

 

スポーツ×鍼灸

鍼灸には、痛みを取り除いたり、身体の調整する効果があります。そういった作用をスポーツの分野と掛け合わせ、スポーツ鍼灸というものが注目されています。

最近では健康志向が高まり、健康な状態を維持したい、今よりさらに健康になりたいという気持ちから、プロのスポーツ選手でなくとも、ジムに通って運動をしたりする人が増えてきています。しかし、それに伴って運動によるケガで治療を受けに来られる方も増加しています。そういったケガの治療や身体の調整(コンディショニング)を目的に鍼灸治療を行います。

プロのスポーツの世界でも、選手のケアをするために多数の鍼灸師が活躍しています。

『スポーツトレーナーになるには』

 

美容×鍼灸

外面からのアプローチに加え、内面からもアプローチする。鍼灸治療を行うことで気血のバランスを整え肌ツヤも良くなってきます。さらには、免疫力もあがるのでアンチエイジング効果(しみ、シワの改善)が期待できます。

エステティシャンの方が医学の勉強をしたいということで入学される方も多数おられます。

 

婦人科疾患×鍼灸

美容においてだけでなく、女性の月経不順や生理痛・更年期障害などの女性特有の症状に対する改善に有効とされています。また、最近注目を集めているのが、不妊症に対する治療や妊娠中の女性に対して産前産後の体調管理などへの鍼灸治療です。

 

介護×鍼灸

高齢者の方に対しては、五十肩や膝などの関節の痛み、腰の痛みなどに鍼灸治療が利用されています。介護施設などへ往診治療に行く鍼灸師もおられますし、鍼灸師としての実務経験を5年積めば介護支援専門員(ケアマネージャー)の受験資格を取得することもできます。

 

慢性的な疲労×鍼灸

パソコンやスマートフォンが普及する昨今では、肩こりや腰痛を感じている方が多数おられます。その方々に対して、鍼灸治療を行うことで肩の凝り(こり)や痛みを取ることができます。

 

 

その他、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー性疾患やダイエットなど様々な分野で鍼灸が利用され、今後も発展し広がっていくものと考えられます。

「鍼灸師」という仕事にご興味のある方は、こちらも合わせてご覧ください!

 

 


 

 

近畿医療専門学校ホームページ

高校生の方へ ・ 社会人の方へ ・ 資料請求 ・ 個別相談会

ü