• mail

【不定期連載】「かぜ」と「風邪」④~東洋医学的な予防法・治療法編~

前回は「かぜ」に対する東洋医学の考え方についてお伝えしました。

今回は、東洋医学の考え方に基づき、身体のツボ(経穴)を使った簡単なカゼの予防方法、また家庭でもできるカゼの対処方法についてお話したいと思います。

《予防編》

前回、東洋医学で考えるカゼの原因はウイルスや細菌などではなく、カゼを引くその人の体力や体質、そして特に、風や寒冷刺激、乾燥といった外的要因だということを説明しました。

ですので、当然ながら、普段から体力を落とさないように、休養や睡眠、食事しっかりと取る事が重要です。そして、身体が風や寒さで冷えないように無駄な露出を控えて暖かくする。その中でも、特に肺や喉の粘膜に近い首筋やうなじ・背中を冷やさないようにする事が大切です。

でも、それだけでは東洋医学的な予防法としてはもの足りませんよね。普段からのカゼの予防に役立つツボをひとつ紹介したいと思います。

カゼの予防に「尺沢(しゃくたく)」

専門的な知識がなくても、比較的分かりやすい場所にあるツボという事で、今回は「尺沢(しゃくたく)」というツボをご紹介します。

1

 

 

「尺沢(しゃくたく)」は、肘を曲げた時にできるシワの上に有ります。そしてそこには上腕二頭筋(力こぶの筋肉)の太い腱が有るので、その外側、手のひらを上に向けて親指側のくぼんだ所にあるのが「尺沢」です。

このツボは肺に関係するツボです。これも東洋医学の面白い考え方なのですが、皮膚や粘膜の丈夫さは、肺との関係が深いと考えます。

この「尺沢」は、カゼをひいてからもよく使うツボですが、普段からの予防にも使えます。普段から風邪を引きやすかったり、呼吸が苦しいなどの症状がある方は、この「尺沢」を親指で揉んでみてください。

その時に注意するのは、あまり強すぎない力で、気持ちよい程度に揉む事です。うまく効果が出ると、息をするのが楽になり、カゼをひく回数も徐々に減ってきます。

 

《治療編》

では、次はツボを使った自分でもできるカゼの治療法を紹介したいと思います。

めまい、頭痛、鼻水などのカゼには、「風池(ふうち)」

まずは、「風邪(ふうじゃ)」によってカゼをひいた時に有効なツボを紹介します。

「風池」(ふうち)というツボです。

余談になりますが、ツボの名前にはそれぞれ意味が有りまして、その漢字がツボを取る場所を示していたり、ツボの治療効果を示しているものが多くて面白いです。風の溜まる池という名が示すように、風邪(ふうじゃ)によって起こるカゼの諸症状(めまい、頭痛、鼻水など)に有効なツボです。

2

 

耳の後ろを後頭部に向かって触っていくと、毛の生え際のあたりに、ちょうどくぼんだ所があると思います。その場所が「風池」です。

両手を耳をふさぐような形に持っていき、親指で「風池」を上に向かって押さえるように揉んでみましょう。

ポイント
  1. めまい、頭痛、鼻水などがあるカゼの引きはじめに。
  2. 強めの刺激で揉む。

 

寒気が強い、ゾクゾクする、頭の後ろや首筋が痛むなどのカゼには「大椎(だいつい)」

次は、「寒邪(かんじゃ)」によってカゼをひいた時に有効なツボと治療法を紹介したいと思います。

寒邪=冷え、によるカゼの特徴は、熱はあまり出ない代わりに、寒気が強くてゾクゾクしたり、後頭部や後ろの首筋に強い痛みが出ます。

このような「寒邪」によるカゼの引きはじめに有効なツボが「大椎(だいつい)」です。今回はその補助として「風門(ふうもん)」というツボも使います。

3

 

「大椎」の場所は、首の後ろの付け根のあたり。頭を軽く前に倒した時に、骨が一番出っ張った所の下に取ります。

「風門」は「大椎」から少し下がった所で、背骨の両側に取ります。実際の治療では、寒邪のカゼの時、ここにお灸をします。

 

ドライヤーを使った治療方法

今回は家庭でもできる治療ということで、お灸の代わりにドライヤーを使った方法を紹介します。ドライヤーが無い場合は、熱いお湯でつくったお絞りでも大丈夫です。ツボは厳密に取らなくてかまいません。

上の図の青色の丸で囲ったあたり全体を、少し皮膚がチリッと感じるくらいに温めてください。それを何度も行います。

うまく効果が出ますと、ゾクゾクした寒気が治まり、後頭部の頭痛も和らいできます。この方法も、寒邪のカゼのごく引き始めだけに有効なので、その点は注意してください。
高熱が出ているときや喉が腫れあがるようなカゼの時は、症状を悪化させる可能性があるので注意してください。
全4回に渡って、現代医学におけるカゼと東洋医学におけるカゼについてのお話をさせていただきました。どちらも共通して言えるのは、まずカゼを引かない身体づくりをすることが重要であるということ。そして、引き始めが肝心なので、ちょっとでも調子がおかしいなと思ったら無理をしないことが大切です。

 

今回は簡単にしか説明出来なかった東洋医学については、今後様々な形でお伝えしていきたいと思っています。

また、オープンキャンパスでは実際に鍼を触ってもらったり、お灸を体験してもらったりなどの体験授業を行っています。興味のある方はぜひオープンキャンパスに来てみてください。ではまた次回。

 

鍼灸学科 大嶋・田中

 

[関連記事]

「かぜ」と「風邪」①~原因と予防編~

「かぜ」と「風邪」②~間違った対処法編~

「かぜ」と「風邪」③~東洋医学から見る「風邪」編~

 


 

 

近畿医療専門学校ホームページ

高校生の方へ ・ 社会人の方へ ・ 資料請求 ・ 個別相談会

ü