• mail

【不定期連載】「かぜ」と「風邪」③~東洋医学から見る「風邪」編~

前回までは、現代医学における「風邪」についてその原因・予防対処法についてお話ししました。

今回からは東洋医学における「風邪」についてお話ししたいと思います。

 

「風邪」の語源は東洋医学

以前にもお話ししましたが、“かぜを引く”の「かぜ」を漢字で書いたら「風邪」となります。

みなさんが普段何気なく使っているこの「風邪」という言葉。実は東洋医学がルーツだと知っていましたか?

その言葉の本来の意味と、風邪に対する東洋医学の考え方や治療法などを紹介したいと思います。

東洋医学における「風邪」の原因は『環境』と『人』

前回にも紹介したように、現代医学における風邪の原因はウイルスへの感染です。しかし、東洋医学が生まれた遙か昔の中国の人達は、当然ながらウイルスや細菌などの微生物の存在を知りませんでした。

それでも、天気や季節がどのような時にカゼを引くのか、人の体がどのように弱っている時に風邪を引くのか、ということを長い年月をかけた観察や経験によって昔の人は知っていたのでした。

東洋医学では、風邪を引く原因を病原菌やウイルスにではなく、人をとり巻く外的環境や、風邪を引く人そのものに求めたのです。
(実は、東洋医学が慢性の病気や、病気の予防に優れている要因もここに有りますが、それについてはまたの機会にしましょう。)

『六淫』と呼ばれる6つの邪気

今回は、特に前者である外的環境にスポットを当てて、東洋医学の考える風邪の原因について、分かり易くお伝えしたいと思います。

まず人が風邪を引いたり体調を崩したりする外的な要因を、東洋医学では「邪(ジャ)」と呼びます。そして、邪には六種類あり、「風・火・暑・湿・燥・寒」となり、これらをまとめて「六淫(リクイン)」と呼びます。六淫は『風などの自然現象、湿気や乾燥、寒冷刺激などの温度変化』のことを指します。

『風邪(かぜ)』の語源は『風邪(ふうじゃ)』

「風邪を引く」の「風邪」とは「カゼのジャ」であり、つまり「ふうじゃ(風邪)」なのです。体調を悪くする環境や外的刺激の中でも、特に自然界に吹く風が体に与える悪影響を指して言う言葉だったのです。

『風(ふう)』は、体表の熱を奪い皮膚や粘膜を乾燥させる

「風」で「風邪を引く」と聞いても、すぐにはピンとこないと思います。しかし、想像してください。体に風が当たり続けると、徐々に体表の熱を奪い、皮膚や粘膜が乾燥する。皮膚や粘膜が乾燥したら次に何が起こるか。体内にウイルスや細菌が侵入しやすくなりますよね。免疫力が下がってしまい、容易に細菌やウイルスの侵入を許すようになってしまいます。

その他にも、六淫の中の「寒」が、特に皮膚や粘膜が冷やし血行を悪くします。その結果、免疫力が下がってしまいます。

そう考えると、春先の風が強く吹く頃、秋から冬にかけて空気が乾燥する頃、真冬の冷えが厳しい頃に風邪を引く人が多いのもうなずけると思います。

東洋医学が考える「風邪」の原因のひとつ。それが季節それぞれの気候、または、風や乾燥、気温の変化などの外的要因だという事です。

 

外邪という原因に対して、当然、予防法や治療法が存在します。次回は東洋医学・鍼灸による簡単な風邪の予防法や治療法を紹介したいと思います。

《つづきへ⇒》

 

 

[関連記事]

「かぜ」と「風邪」①~原因と予防編~

「かぜ」と「風邪」②~間違った対処法編~

「かぜ」と「風邪」④~東洋医学的な予防法・治療法編~

 


 

近畿医療専門学校ホームページ

鍼灸学科 ・ 柔道整復学科 ・ 資料請求 ・ 個別相談会

ü